Rippchen mit Sauerkraut und Kartoffelbrei

【ザウアークラウトとリプヒェン】

リプヒェンとは、塩水に漬けた豚のあばら肉のことです。

この料理にはコトレットの部分を使います。

ザウアークラウトは寒くなると食卓に登場します。

真夏の暑い日に、ザウアークラウトを温めようものなら家の中が酸っぱくてたまりません。(笑)

ドイツではリプヒェンは最寄りのお肉屋さんで購入します。

アメリカでも手に入るのですが1枚が薄い。ドイツで買う半分くらいの厚さなのです。

鍋にザウアークラウトとリプヒェンを入れ、弱火で温めるのですが、

薄いので温める時間に気をつけなければリプヒェンがまずくなってしまいます。

このメニューに欠かせないのがマッシュポテトです。

茹でたお芋に熱い牛乳とバターを混ぜて作ります。

20121217-145953.jpg


おうちカフェ ブログランキングへ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中